隊長&隊員

隊長&隊員

しばらく見に行ってなかったら、シェイクスピア様記念年で、
BBCラジオ3さんが、シェイクスピアだらけになってたΣ(- -)

今、聴けるよ~ です。


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Through the Night, Shakespeare in Sound, Episode 2
http://www.bbc.co.uk/programmes/b07866dw

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 29 days


そーだよね…(・ ▼ ・
シェイクスピア関連曲って、膨大にあるよね…

と、認識はしていたケド、題名見てるとコレもかッΣ(- -) アレもかッΣ(- -)
そーだ、コレもだッ て、なります。

私的に、ソレもそーだったと忘れがちなのは、「テンペスト」。


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Recital, Shakespeare by Finzi
http://www.bbc.co.uk/programmes/b07865dw

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 29 days

フィンジさんもあるんだ

って、
フィンジさん自体、ほぼ聴いてないから、
知る由もなし。(- ▼ -

隊員が聴いてるから、ウチのiTunesに30トラックくらい入ってるケド、
イギリスの作曲家さんだったンかッて、今知ったわ。
そりゃ、シェイクスピア関連曲あるわさ。(- ▼ -


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Radio 3 in Concert, BBC Symphony Orchestra - Weilerstein, Piemontesi
http://www.bbc.co.uk/programmes/b078658p

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 29 days


プロコ様にも『ハムレット』あるっけ?!

て、確認したらロジェヴェンさん指揮のCD持ってたわ(- ▼ -
ウチのiTunesにも入れてたわ。

え?でもBBCさんで今、聴けるのピアノ連弾
悪そうで、超絶カッコイイーーーーーwww
さすがプロコ様、悪そうな曲書かせたら敵なしだわ。
アルゲリッチ姐さんの演奏も良いのかしら??

コレCD安く売ってたら買お♪


ちなみに、ショスタコ様の『ハムレット』もウチのiTunesに入ってるケド、
全然、聴いてないすわ。ちゃんと聴いてみよう。


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Through the Night, Shakespeare in Sound, Episode 1
http://www.bbc.co.uk/programmes/b07864f9

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 28 days


知識ペラペラだから、え?コレもそうなのて、
判別できないモノがいっぱいあるンですが…

とりあえず、『ロメジュリ』は王道過ぎて誰でも知ってるよね?
て感じw

そして、「ロメジュリ」だけで関連曲がいっぱいある。 (* ▼ *;)

あ、そーだ。
この回で聴ける、チャイコさんの『ハムレット』を、
有名でよく取り上げられる幻想序曲「ロメジュリ」の方だと、
しばらく勘違いしながら聴いてました。

確か、コンサートで聴いて、
あれ曲、違う…
て気付いたンだと思う。もうダイブ昔のコトだから正確に覚えてないケド。(;・∀・)


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Opera on 3, Live from the Met, Verdi's Otello
http://www.bbc.co.uk/programmes/b078621j

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 28 days


「オテロ」も忘れがちカモ。
「マクベス」の方が、『シェイクスピア様だよね感』が、
なぜか私の中ではデカい。


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Breakfast, Sounds of Shakespeare
http://www.bbc.co.uk/programmes/b0785zm7

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 27 days

ウォルトンさんのヘンリー5世、超ぉ名曲~!!

「プロローグ」って、一部分しか聴けないケド。(・ ▼ ・;)
ナレーション入ってるの、意味わからなくても超ぉカッケー。
英語の響き好きじゃないケド、ヘンリー5世のナレーションだけはカッコイイと思えるw

他の言語のオペラを、英語上演にされると、うーん…( ̄_ ̄*)
て思う。

でも、フランス語のオペラ(カルメン)をドイツ語上演されると、
カッケーΣ(- -) て思っちゃう。(ケーゲル盤の話。)

コレ

ビゼー:歌劇「カルメン」(ドイツ語歌唱)(ツェルヴェナ/アプレック/ライプツィヒ放送響/ケーゲル)
- NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー
http://ml.naxos.jp/album/0032952BC

ロシア語はロシア語のまま、やって欲しい他の言語も原語上演して欲しい!!
と基本思ってるのに、ドイツ語ならなぜかカッケーΣ(- -)
て思っちゃう。(ケーゲル盤のプロコ様 : 歌劇「修道院での結婚」抜粋の話。)

コレ

プロコフィエフ:歌劇「修道院での婚約」(ハイライト)(ドイツ語歌唱)(ライプツィヒ放送響/ケーゲル)
- NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー
http://ml.naxos.jp/album/0020812BC


という耳なんだけれども、
ヘンリー5世のナレーションの英語だけはカッコイイ
と思う。(`・ω・´)


+------++♪++------+


 BBC Radio 3 - Afternoon on 3, Thursday Opera Matinee, Sounds of Shakespeare: Verdi - Falstaff
http://www.bbc.co.uk/programmes/b0774z6g

今書いてる4/25時点で、聴けるの残り 26 days

昔、ヴェルディ様を集中して聴いてた時に、
『ファルスタッフ』も、「オテロ」と同じくらいピンと来なかったンだよなー。(- ▼ -

今、聴いてみたら感じ方が違うカナ


『ファルスタッフ』は、エルガー様のは、
我が家のiTunesに入れてるよん♪


+------++♪++------+


「Shakespeare」て単語が入ってるページが、
他にもあったケド、私のペラペラな知識で理解できるモノだけ
書きましたー(;>∀<)ノ

詳しい方、英語が解る方が読んだり聴いたりしたら、
面白いモノが、もっとあるカモしれませんッ

と一応、書いときます。



 にほんブログ村 クラシックブログへ 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply