隊長&隊員

隊長&隊員

201603bnvh.jpg
昨日、書きました ↓

タコ8ッ♪ シンデレラ♪ 「維持費が高額」は資本主義の方が…( ´Д`)ぅーん。他♪


てか、
書いた後に見付けて追記貼りしたのですが、
こちらの動画。 ↓




デンマーク放送さんの公式チャンネルに、キタエンコさん指揮の、
プロコ様ロメジュリ動画がupられてたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ*\(>∀<)/*

ので貼り


と書きました、このデンマーク放送響さんの演奏動画を聴きまして、
やっぱ良いスね♪キタエンコさん指揮~(>∀<)

と思ったので、ロメジュリの曲自体のうんぬんも含めて、
勝手にウダヴダ書いてみたいと思います。


+------++♪++------+


まず、プロコさんのロメジュリについて、
私だけでなく隊員の意見も含め、個人的好み的な話。

ぶっちゃけ、ロメジュリ自体は、
二人とも、「プロコ様大好き人間」なのですが、
あんま、うっひゃ~聴きに行きたい~
て、ならない曲 なんですよ。(- ▼ -

実演&録音、両方ともプロコさんの曲の中では、
コレ(ロメジュリ組曲の方が多い)か5番かっつーくらい取り上げられてるし、
バレエ自体も良くやってるし、たぶん、まだ知らない人に、

オケ作品限定で、
『プロコフィエフ聴いてみたいンだケド、どれから聴いたら良い

て、もし質問されたら、「コレか5番」て答える人が多いと思う。
録音もいっぱいあるから買いやすいし。

でも、しかしですよ
世の中のプロコ様大好き人間さん達は、こう ↓ 思ってると思うンですよ

他にも、いっぱい良い曲あるのにィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ(T ∀ T)
って。

昨日も話してたンだけども、
『なんかプロコさんにしては、良いコちゃん過ぎるんだよね、ロメジュリ。』
と。

やり過ぎダロwってくらい、ぶっ飛んでるトコロがないし、
ホントは、カッケー悪い音楽書けるくせにィ~て、
言いたくなるよーな押さえてる感じがしちゃうし、
パンチが足りないというか・・・とにかくイイ子ちゃんで少しツマラン
て感じなんだよね。(- ▼ -

でも、万人ウケする原因は、その
押さえてる良いコちゃんのおかげだと思う。
聴きやすくなるっつー

ウチの中では、そんな立ち位置なロメジュリですが、
この動画は面白くて、最後まで聴いてしまった。

『Excerpts!』て書いてあるので、
バレエの全曲版からの抜粋だと思うンですが、
組曲を聴くコトが多いので、新鮮だったw

イマサラ、オルガンあるのッ?!Σ(- -)
てなった。

ロメジュリ全曲を、あまり聴き込んでいないコトが判明しました。(- ▼ -


+------++♪++------+


以下、動画の再生時間を書きながら書いてみます。

まず、最初の方は、曲的にもそんなに盛り上がらないので、
まだ曲知らない人が最初っから聴いてくとツマラン…て思っちゃうカモしれないし、
演奏自体も、エンジンかかってない感じがあるので、
ココからちっと聴いてみてよ~ と勝手に推奨してみたいと思います。

とりあえず、
凄い有名な箇所。
10:14くらいのトコから。

キタエンコさん、テンポ揺らさないで、
淡々と進めていくんで、ウチの好みに合わないハズなのに、
なんだか良いと思ってしまう不思議。


2006年に、東響さんでタコ7聴いた時の隊員の感想。

5月27日 キタエンコ指揮 東京交響楽団 / ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番、 交響曲第7番「レニングラード」 コンサート感想♪
より、一部コピペ。

「いい演奏会だった。
大曲が流れる中、ひとつひとつの断片では賛同できない点が多々あったのに、
圧倒的なクライマックスが終ってみれば、これはやっぱりいい演奏だった、
拍手するしかないな、と、なんだか捩じ伏せられたような想いがした。

…かなりの遅めテンポで、しかも一貫して遅い。
焦らず騒がず、粛々と。
  
聴いている間、私は相当焦れました。
焦れったくて、私の好みじゃないなぁ、と思うことしきり。
私はやっぱりまだ青臭く、イケイケドンドンな演奏が好きなんですね。
泣いたり笑ったり、朗々と謳えば快活に突き進んだりする、
テンポが目まぐるしく変幻する演奏を愛聴している。」


コレ、このロメジュリ動画でもそうだと思う。
やや遅めと感じるンですが、後半ぬふぁぁぁぁぁ~
なんかイイ てなっちゃうという。

テンポに共感できないのに良いと思ってしまう原因は、
おそらく楽器間の音量バランスと鳴らし方と歌わせ方?
に、胸キュンしてしまうのではないカナと思います。┐(- ▼ -

テンポより鳴らし方優先なのカモ。
しっかり良い音で鳴るテンポで進行作戦??


次。
イマサラ、オルガンあるのッ?!Σ(- -)
てなった箇所。17:45あたりから。

25:15あたりからの出だしが新鮮!!
て、コレは組曲ばっか聴いてるせいだと思うケド。

26:50あたりからの低弦かっけー

31:40
爆音ポイント、キターーーーーーーーー*\(>∀<)/*
ココは実演で聴かなければならない、ナマ聴かずして語るなかれな箇所。
録音は、真実の一部分しか伝えていない

26:50あたりから終わりまでは、
ホントは、カッケー悪い音楽書けるくせにィ~
なプロコさんが出て来る感じで、良いっすわ~(>∀<)ノキャー
コレコレプロコさんの魅力コレっつー。

38:00くらいのトコからとか、
めっさ悪そうでカッコイイ

41:44あたりからの低音&打楽器もカッコ良過ぎ~


+------++♪++------+


っちゅーコトで、
最初の方にピンと来なくても、
後半、良いので聴いてみて~(>∀<)/*

と思いましたので書きました。


同じく、デンマーク放送さんの公式チャンネルにある
こっちの動画。 ↓



こっちの方が、淡々ヒタヒタ浸食系な感じ、伝わるカモ。

ロメジュリがプロコさんの中では、よく登場するっつっても、
『新世界』の方が、何度も聴いてる回数は多いだろーから。┐(- ▼ -



 にほんブログ村 クラシックブログへ 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply