爆音!!クラシック突撃隊♪ブログ。BakuKla +*+

ARTICLE PAGE

プロコさんのお孫さん & ココ気軽に聴きに行ける様になると楽しくなるだろーなー(´・ω・`*)な話♪

今、ネットで聴けるわよ~ん♪情報です。
  • comment0
  • trackback0
プロコ様のお孫さん♪ ↓ たぶん


が、
しゃべってんのかよく知らないからワカラナイし、
曲セレクトしてるのか と英語も解らないから、
凄ぇアバウトな情報ばかりだケド、前にプロムスにも出演していて、
BBCさんと結び付きが強そうな感じがする、お孫さん

聴けるよ~

今書いてる10/16時点で、聴けるの残り 24 days


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


プロコ様と言えば、
昨日、コンサート検索していたら・・・ ↓



プロコさんのオペラ『真実の人間の物語』の情報が、
出て来て・・・!!Σ(- -) な・ なんだとぅ??!

と、なりまして


【2009年の過去記事】↓
プロコフィエフ 歌劇 『真実の人間の物語』 のCD感想。

より一部コピペ♪ ↓

----------

昨日(2009年3月の話)、「ピーターと狼」 って書いてて、
思い出したんですが・・・

プロコフィエフ 歌劇「真実の人間の物語」

プロコフィエフ作曲 歌劇 『真実の人間の物語』
エルムレル指揮 ボリショイ歌劇場管 & 合唱団


このオペラと「ピーターと狼」が、どう繋がんねん(*`д´)ノ!!!
と、ツッコミが入れられる方は、かなりの変態・・・
いぇ、失礼いたしました。かなりのクラヲタ様・・・( ̄∇ ̄)

だって、ハコの裏に書かれている
満津岡信育氏の解説の書き出し。

『ほとんどの人が聴いたことのない
オペラではないだろうか。』


なんだもん。発売されたばかりではないので、
このCDを聴いたコトがある方は居ると思われますが、
実演は、ないよね。確かに。( ̄_ ̄*)

----------

っつーオペラなんだけども。

で、

沿海州劇場ってドコ???Σ(- -)
てか読み方からしてワカラナイんだが…(- ▼ -

と、なりまして・・・ググてみたら・・・

ウラジオストック?!近ッΣ(- -)

急に近くなって聴きに行きたくなったゾ

だって、マリインスキー劇場の情報として書いてあるから、
サンクトペテルブルクなのかと思って読んでるワケさ。

ヨーロッパの国へ行くよりは、近く着けるケド、
『モスクワ』とか、『サンクトペテルブルク』つったら、
もうほぼヨーロッパなワケで、凄い遠いイメージじゃん

と書いてて実は、サンクトペテルブルクの位置を
ちゃんと把握してなかったので、確認w ↓



すぐ左上、もうフィンランドなのね(・ ▼ ・
ヘルシンキ近いのか・・・

とか、思ったワケですが、
ウラジオストックは日本から凄く近いという認識はあったケド、
改めて確認 ↓



テキトーな目測でいうと、もしかして沖縄行くより近いカモ??
ッてくらい、東京発で考えたら凄ぇ近いんだよね。

とりあえず、台湾や香港へ行くよりは確実に近そう・・・(・ ▼ ・
上海は同じくらいカナ??

で、
『沿海州劇場』で調べてみると、
イロイロ知らない事がいっぱい出て来た。(・ ▼ ・


2014年12月の記事だケド、↓

 露日交響楽団の創設を提案 | ロシアNOW
http://jp.rbth.com/arts/2014/12/02/51301

露 日 響w 聴いてみたいΣ (・ ▼ ・
え?コレ去年の話みたいだケドあるの?実現してないってコト??

余談ですが、
群響さんが、『ウチはロシア人団員多いんだぜ』的なコトを
プレトークで言ってたよーな記憶がある。


あと、
沿海州劇場の大ホールは、オペラ、バレエの上演用で
1,580席

て、情報も出て来て、
ぬぁッ、オケ作品やるのにも響き方がどーだか不明ですが、
1,580席 良いじゃな~い

て感じです。

『真実の人間の物語』の他にも、

『ラフマニノフ、プロコフィエフ 沿海州劇場交響楽団』

て、書いてある欄があって、
凄ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ気になるッ(* ▼ *;)
何やるンだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

みたいな。


でも、さらに気になるのが・・・

再び、【2009年の過去記事】↓
プロコフィエフ 歌劇 『真実の人間の物語』 のCD感想。

より一部コピペ♪ ↓

----------

このオペラ、解説を読みますと・・・

「いかんせんリブレットの内容があまりにも露骨で
血なまぐさいので、今後も日が当たる可能性は
少ないと書いてよいだろう。」

とな。ぅーん、読めなくて良かったゾ
みたいな感じデスカ?

「愛国的な実話小説」が題材だそうなので、
同名の古い映画なんかもあるよーなんですが、
愛国色があまりに強いと今の時代ちと上演はキツい感じよね。
なんか良くワカンナイけど

ドイツ機を撃墜したりする内容らしいので、
特にドイツでは・・・

解説の満津岡信育氏が、
『後期のプロコフィエフ特有の美質と手応えが
随所にかぎとれる魅力作』


と、書いておられるよーに、
プロコさんが好きな人は、良いと思うだろーし、
私も聴いていて、イイ曲あるのぅ( ̄ω ̄*) と思うので、
上演されないのは、少し勿体無い。。。

まずその前に、日本的には、
『三つのオレンジへの恋』と、『炎の天使』を
もっと、ガンガン上演しておくんなましヨ。
って段階だよね・・・(=_=;)ぅーん 

ナマ 『炎の天使』 聴きたい!! 

----------

て、感じなんスよ。

コレ、内容がちょっと・・・(;・∀・)

そう考えると、オケ単体作品は露骨にストレートじゃないから、
平和だね~ よく知ると意味が・・・とかあったりするケドw

一瞬、本気で旅行計画たてようかと思ったケド、
隊員が絶対に、『怖いから行かない( >д<)』
て言いそうなので、行きませんw

この辺り、ホント何も考えずポンッと気軽に行けるくらい、
平和&仲良くして欲しいんだよね~(´・ω・`*)

だって、ドイツとかフランスとかイギリスとか北欧とか、
問題もあるケド、そんなに危険について考えず、
凄い良いコンサートあったら聴きに行きたいッ

て、素直に思えるじゃん。

ドイツとかフランスとかイギリスとか北欧とか聴きに行きたい場合、
問題なのは、「危険」よりも、『金がない!!』っつー点だ。┏(_□_:)┓

距離があると飛行機代金がぁぁぁ~
っつーね。(- ▼ -



 にほんブログ村 クラシックブログへ 

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply