隊長&隊員

隊長&隊員

隊員が体調を崩しまして・・・大きい咳をしているので、
コンサート聴きに行けず・・・(T ▲ T)

暇でゴロゴロしていて、ゴロゴロし過ぎて頭が痛くなってきたので、
最近読んだ記事と、あれなぜ、こんな古い記事に人が読みに
来てるんだろー???(;・∀・) 理由は突き止められず、原因不明

な件について、
ウダウダ書いてみよーかと思います。

『最近読んだ記事』については、こちら。↓



『あれなぜこんな古い記事に…』
については、こちら。↓

【2008年10月の過去記事】
コンサートホールについて、あーだこーだ書く。その5 - コンサートホール感想♪

『コレを読んでみて欲しいです。』 て、
書いたリンク先が消滅しちゃってるンだけどさ。(;・∀・)


今月まだあるケド、今時点で50アクセスくらいある。なんで
ウチのブログ的にはアクセス少ないので、50でも昔の記事だと凄い多い方です。(;・∀・)

『音の良しあしには主観がつきまとい、個人差もある』
は、
承知の上で、あえて書こうではないかッ 悪口をッ

いやいやいや、
なるべく良い方面で書こうかと思います。┐(・ ▼ ・

クラシックと言っても、イロイロあるので、
『オーケストラについて』 オンリー。 他、聴くコト稀だから(;・∀・)
偏見、かたより全開で、書きます。


Q. 『クラシック初心者はどの席で聴くのがいいの?』( ・ ・ )

について、もし私が聞かれたら、
こう答える。↓


『コンサートホールによって全然違うし、

同じホールの中でも、席が違うと全然違うし、

凄い細かいコト言っちゃうと、隣のブロック移るだけで違ってくるし、

モノすんごーいウザい事いっちゃうと、一列違うと違ってくるしw (大袈裟)

もっと言っちゃうと、作曲家を誰聴くかでまた違ってくるし、

究極は、前半と後半とキャラが全然違う作曲家様が並んでる場合は、
休憩後、音響変えて欲しいくらいなんだよね

だから、1回や2回聴いたくらいで、『つまんなかった』とか言わないで、
最低でも100回、聴きに行くくらいの勢いで聴きに行ってみて~ッ

ナマのコンサート鑑賞って、
「ホールや座席の違い」までをも含めた上で、
めっっっっっっっちゃくちゃ面白いモノだからッ!!(>∀<)ノ


て、言うわ。


「最低でも100回」て、そんなに行かないと?
てなると思うケド、そもそも超絶大感動するコンサートて、
100回行って1回あるかないかだもの。(・ ▼ ・

そこそこ感動するのは、たくさんあるわよ♪
超絶大感動 は、100回行って1回あるかないかだよ。


それはさておき、
でも、最初に聴くには…と考えてしまうと、
安いからと言って、NHKホールの3階席とか、東京芸劇の3階席は、
ちょっとどうでしょうね…と言いたくなる気持ちは解る。(・ ▼ ・

『大音響が来ない』ってのもあるんだケド、
視覚的に、超絶つまんないんだよね。

「視覚的にツマラン」て点で語っちゃうと1階席については前の方以外、全滅
ってコトにもなってしまうんだけどもね。(;・∀・)

聴きに行く人が、「何を求めてるか」によってイロイロ違ってきちゃうと思いますが、
よくあるあるな、『クラシック聴きに行ったケド寝た!!』
的なイメージを持ってる人には、有無を言わさず、
イイからちょっと騙されたと思って聴きに行こうぜ~ つって、
ステージ裏席に強制連行だね♪(>∀<)ノぃえーぃ♪

ステージ横でも良いわ
東京芸劇の真横の爆音エリア最高~

プロオケさんだと特に真ん中協奏曲状態が多いから、なかなか無いケド、
アマオケさんだと、たま~にあるハードなダブルメイン選曲。
私個人的に、初心者向けとして組むなら、こーゆー選曲が良くね
と思うのは、こんな感じです。


前半: ドヴォさんの『新世界』
後半: ショスタコはんの『レニングラード』


みたいな、
いわゆるクラシック音楽を、本格的に聴こうと決意する前から、
既に知ってるだろうメロディーが入ってるモノを前半に置いて、
後半は、爆音あり交響曲を配置する。┐(- ▼ -

『レニングラード』て、今のおっさんオバさん以降は、記憶力が良い人な場合、
昔CMに使われてた時期があったので、知ってる曲カモしれない。


なので、

【前半】
ドヴォルザークだと、9「新世界」
ベートーヴェンだと、5「運命」、7番、9「第九」
ブラームスだと、1番とか3番
モーツァルトだと、25番とか、40番とか…

【後半】
ショスタコだと、4番、7番、11番など。10番も大きいカナ。
プロコだと、2番~5番
マーラーなら、6番。2、3、8あたりも爆音カナ。
ブルックナーなら8番。あんまブル様に爆音イメージないケド金管の近くで聴けば爆音w あと狭いホールで聴いたコトあるから爆音印象w

交響曲でないトコロで、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、「ハルサイ」あたりとか。
ストラヴィンスキーさんは爆音そうでいて、ショスタコ様&プロコ様に比べちゃうと小さいカモ…

あと、R.シュトラウス「英雄の生涯」とか「アルプス交響曲」だね。


みたいな曲と、組み合わせる。

組み合わせによっては、エラい長くなりますが・・・(;・∀・)
第九はむしろ爆音カテゴリか?!合唱入ると音デカくなるんで。



初心者に、いきなりタコ4 て感じるカモしれないケド、
数年前のプロムスの子供向けコンサートに、タコ4の『音がドンドン大きくなる箇所だけ』
っつーのが入ってて、それ正解だと思った。

とにかく、コンサート聴きに行ってクラヲタ達が、
うるさーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいッヽ(`Д´)ノノ彡
つって、怒りまくる場面は100パーと断言しても良いくらい静かな箇所。

まぁ、超絶爆音部分はしゃべってても、飴の袋をバリバリしてても、イビキかいてても、
音にかき消されてしまうので、当たり前っちゃー当たり前なのですが、
デカい音聴くと、人間フリーズする習性があるのカナ ってくらい、
ココで咳したりクシャミすれば良いのに・・・てな感じなのに、
爆音部分は初心者も静かに聴いてしまうという変な状態に。(- ▼ -

初心者にとって、静かな部分は凄くツマランのですよ。

でも、クラヲタ的には静かな部分も、むしろ静かにモゴモゴうにゃうにゃ
何やってんの みたいな箇所も大好きになってて、
そここそが至高!! みたいなコトになってんで、
うるさーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいッヽ(`Д´)ノノ彡
つって、怒りまくる事態が発生しがちなワケですよ。


クラヲタご乱心の件はさておきまして、
最初から最後まで全部うるさい曲なんて無いので、
おそらく、「よく解らなかった」と言われる確率大だと思われますが…

しかし、なんだか爆音の大音響が凄かった!!というコトは、
脳の無意識領域に刻み込まれるハズ!! ←コレは私が初めてタコ4(ロジェヴェンさん指揮)のナマ聴いた時の話w

そして、前半は知ってる曲だったので、とりあえず楽しかった♪
という印象も残り、後々、大音響の曲はナマで聴かないとイカン
ちゅーコトにも気付くコトでしょう。┐(- ▼ -


自分がメインにやって欲しい曲を、
並べているだけのよーな気がしてきましたよ。


最後にとりあえず、音はこう飛ぶ。↓  ※昔描いた絵つかい回しの術。

音上行く。

「これ。」については、直接音がどーのこーのっつー話を
書いた気がしますが、忘れました。

ただでさえ簡単に描き過ぎなのですが、
もっと簡単に描くと・・・ ↓

音響

基本、天井にぶつかって落ちて来る。

のと、

壁やその他モロモロにぶつかって飛んでくる。

っつーコトを考えて選んだり、実際ホールで意識して聴いたり、
すると面白いです(>∀<)ノ


明らかに、上へ行っちゃったまま、
どっか行っちゃって落ちてきてないゾぉぉぉぉぉぉぉ┏(_□_:)┓

っつー1階席が、世の中には存在していたりするから大変面白いのですw

あと、上の階がガッツリ深く屋根になってて、音来ねぇ┏(_□_:)┓ 等々。

いろんなトコロで、何回も聴くコトにより解る違いがあるんで、
是非、そのあたりの楽しさも含めて、大量に聴きに行ってみて欲しいと思います


終わり♪


 にほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ 
ぽち応援よろ♪

関連記事
スポンサーサイト
Posted by
音響

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply