爆音!!クラシック突撃隊♪ブログ。BakuKla +*+

ARTICLE PAGE

好きになれないのなら、ムリして聴かんで良い!!と、なれない3つの理由♪勝手な分析┐(・ ▼ ・;)

アク解の検索ワードに勝手に反応する記事
  • comment0
  • trackback0
たまーに、アク解の検索ワードを見てると面白いので、
勝手に反応する記事です。┐(・ ▼ ・


ktnhnskjt08.jpg

(* ▼ *;)
軽くフキました


コレでどんな記事が引っかかてくるんだろー
と思い、見てみたら・・・


コレ、トップ。↓

 ブラームスが苦手です。ブルックナーもです。 マーラーも、正直、どこがい... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11122451826



やっぱ、この言い回しだと、
そっち方面 ですよねー。(- ▼ -) っつー・・・


サラっとしか読んでないケド、回答の中で一番ウケたのが、
コチラッ。↓

『高級オーディオ機器の前に座り込んで、苦虫を噛み潰したようなしかめっ面で聴きましょう。
時折ぶつぶつ呟きながら“精神性”という単語を使うのがポイントです。』



完全ブルヲタ様をディスってんだろっ つー・・・
精神性wwwwwww て感じですね。(- ▼ -某評論家様がよくお使いの「精神性」ワードw

こーゆーの軽くツッコミ入れとかないと、真剣に信じてしまう人いるんじゃ・・・
コレは居ないか(- ▼ -


あと、コレ↓

『挙げられた作曲家のなかでバタークリームがのっているのは、マーラーだけだと思います。』

いやケッコー、ブルックナー様も濃くね
と個人的には思います。

ブラームスが入ってる点に、違和感を覚える方も居そうですが、
意外と、苦手っていう人が地味に多いブラームス様。 と思う。

私に言わせれば、『オール・モーツァルト・プログラム』とかだと、
そーめんばっか食わされてる~( ´▲`)
みたいな気分になっちゃうんだよね。 肉食べたい肉ッ

演奏内容もだけど曲の雰囲気が薄い&軽いと、BGMの領域に行っちゃう。
コンサートで真剣に聴くからにゃぁ、ガッツリどっぷり濃いぃぃぃぃぃのが、
聴きたいですわッ!!(>∀<)ノ


回答多くて、なんとか答えてあげようとしてる良い方、居ますね♪て感じですが、
「好きになれないなら、ムリして聴かんで良い!!ヾ(#`Д´ )ノ」

て、言いたくなる気持ちも解る。しかしッ、
この質問した方の気持ちも、なんとなく解る。(・ ▼ ・

その理由を3つ、自分の経験も含め、
勝手に私が分析して飲み込んでいる件を書きたいです。


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


こうなんじゃねと思う理由、

●その1。
ブルックナー大絶賛*\(>∀<)/*な人が、世の中に大量に居る。

おそらく、クラシック音楽関係ない状態なリアル社会の周辺には、
居る方が珍しいケド、今のネット社会、ググったらいくらでも居る。
し、
世界レベルでググっても、大量に居ると思う。


うちの記事で引っかかってくるのが
この ↓ 古~い過去記事。
私、女ですが、ブルックナー好きです♪

ココにも書いたのですが、私もすぐに大好きになったワケではなく、
周りにブルックナー大絶賛*\(>∀<)/*な人が何人も居て、
それなのに、自分はどーしてその良さが解らないのだろーか
と思った。


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


こうなんじゃねと思う理由、

●その2。
コンサートや、交響曲全集が大量にある。(>∀<)ノ

たしか今度、どっかの海外オケ日本公演で、ツィクルスあるよね?(´・ω・`*)
と思い出し、ググた。

コレ ↓

 バレンボイム&SKBのブルックナー・ツィクルス(公演情報)|HMV ONLINE
http://www.hmv.co.jp/news/article/1504180003/

2016年2月だわ。

もちろん、『ツィクルス』はそんなに頻繁にないですケド、(・ ▼ ・
世界中のプロオケ定期に、毎年1個くらいは選曲されてるだろー。
(※なんとなく・・・な、ちゃんと数えてない勝手な統計w)

少なくとも、日本はブルックナー大好き人間が多いので、
日本のプロオケさんの定期には、毎年ほぼ選曲されてるだろー。


交響曲全集も、マーラー様共々『長い』っつーのもあるので、
ベートーヴェン様ほどはないにせよ、これまたちゃんと数えたコトないですが、
世の中に存在しているモノを、全部買おうと思ったら、
大量のお金が必要になるよーな気がする。(・ ▼ ・

アッテルベリ交響曲全集とか、集めるの楽だよ~
今(2015年9月現在)まだ、1個しかないんじゃないの
ヤルヴィ父様のが全集になりそうな雰囲気ですが・・・

それは置いといて、(- ▼ -

うえにURL書いた公演情報に、
『2016年、日本のクラシック音楽界における最大の聴きものとなることでしょう。』
なんて書かれたら・・・

ブルックナー好きじゃない自分の置いてきぼり感
出ちゃうでしょー(・ ▼ ・

『2016年最大の聴きもの』とか煽られて、イイねっ
て、素直に乗れない置いてきぼり感、出る。


ブルックナー様に限らず、『プロコフィエフ交響曲ツィクルス』とか、
『ショスタコーヴィチ交響曲ツィクルス』とか、マーラー様もだけど、
軽い番号もありますが、まとめると全体的に重いので、オケ事務局が
頑張って開催しますよッ!!(>∀<)ノという雰囲気を出しまくるし、
というか、実際、演奏するのが大変なモノは、どーしても気合い入るので、
そーゆー流れになりがちだよね。(- ▼ -

で、
自分も好きなら、この祭りに一緒に入って楽しめるのにな・・・
と感じる。とか


あと、前半と後半と全く違うキャラの作曲家を並べられると、
全部楽しみたいってのも、コンサート好きな人には、ありそう。


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


こうなんじゃねと思う理由、

●その3。
ブルヲタ様からの『上から目線』!!(;・∀・)

これ、ブルックナーヲタクに限らないンだけどもね・・・

なんだか、ワーグナーとか、ブルックナーとか、あと、新ウィーン楽派あたりとか・・・
もっと今に近いトコロで、バリバリ不協和音だらけな現代音楽とか・・・

こーゆーの解らないとダメみたいな変な雰囲気があるんですよ。(- ▼ -

で、
いろんな時代の、いろんな国の、いろんな音楽理解できてるオレすげぇ
みたいなね、人がたまぁぁぁーーーーに居るんスよ。(- ▼ -

こーゆー人達にとっては、解りやすい単純な音楽ってダメなワケ。
イロイロと『難解』なのが、好物なんだよね。

ワーグナー様&ブルックナー様は、もう好きな人が大量に居るから、
まだマシなんだけど、『バリバリ不協和音だらけな現代音楽』持ち出してくるヤツの
厄介さ加減は、うっとーし~コトこの上ないワケなのですよ~。(- ▼ -

平たくストレートに書くと・・・
『理解できないとバカにされる空気がある。』 っつーコトです。(- ▼ -

あと、曲が難解でなくても、マイナー作曲家をやたら語るってのも、
似た空気感ですw  ←『知ってないとバカにされる空気感』です。


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


なので、
基本的には、周りのコトなんてどーでも良くて、
『好きになれないなら、ムリして聴かんで良い!!ヾ(#`Д´ )ノ』
は正解だと思うし、

全時代、大好きは、
クラシック音楽の場合、ココまで歴史が長くなってて多様性があると・・・
絶対的にウソだしィ(* ▼ *;)
自分も、一部の好きな作曲家の曲しか聴いてません。

たった数回、聴いただけで、「この曲おもしろくない」つって、
ダメ出しして聴かないのは、損してる場合があるとは思う。

何が何でも好きになりたい

って場合は・・・
『いろんな時代の、いろんな国の、いろんな音楽理解できてるオレすげぇ!!感』を
出したい願望が、ココロの奥底にくすぶっている場合もありそう。

と、私はそう思います。┐(・ ▼ ・





にほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ



関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply