隊長&隊員

隊長&隊員

2014年4月の気になるコンサート~詳細その2です(>∀<)ノ

最初の記事は、コレです。↓
★2014年4月の気になるコンサート♪その0です。今月は、北欧率高ッ?!!Σ(・ ▼ ・)


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


2014年4月12日(土)&13日(日)
NHK交響楽団
マレク・ヤノフスキ 指揮
NHKホール 1,500円~

ブルックナー : 交響曲第5番 (ノヴァーク版)


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+


私的には、ブルックナーは、5・8・9番最強!!(>∀<)ノ

っつーコトで、まだブル5を知らない方へ向け、
超絶良い曲だから、聴きに行け~(>∀<)ノ

を、訴えたく、ブル5のココが良いッを、ウダウダ書いてみたいと思います。

たぶん、2014年4月18日までの限定公開。なので、
書いても、過ぎたら聴けなくなってしまうのですが、
公式で全曲up動画が見付けられなかったので、
スクロヴァ爺様の動画で、ココが良いを書く。(>∀<)ノ


 エーテボリ響さんの、聴ける(てか観れる)サイト ↓
http://www.gsoplay.se/en/concert/bruckners-5th-symphony-skrowaczewski

貼れる様になってるので、貼り♪ ↓ たぶん、2014年4月18日までの限定公開。



動画、1時間20分ですね。

なので、実演は1曲だったりする時がありますが、
隊員が、1曲じゃ短いじゃないかッ(゚Д゚)
とグチっておりました。

それはさておき、┐(・ ▼ ・聴きに行く場合は遅刻しない様にしましょー♪

【こんな曲だよ♪参考動画。】を探しておりましたら、
今回の指揮マレク・ヤノフスキさんの5番でなくて4番なんだケド、
PENTATONEレーベルさんのサウンドクラウドに抜粋があったので、貼り

あ、ちなみに私まだ、PENTATONEレーベルさんについて知らなかったので(・ ▼ ・
調べた。↓

http://www.e-onkyo.com/feature/17/

『2001年、フィリップス・クラシックスのエンジニアが新たに立ち上げたクラシックレーベル』
と、オンキョーさんのサイトに書いてあった。


マレク・ヤノフスキさん指揮ブルックナー4番 PENTATONEレーベル


まだ聴いたコトないンで、どんなブルックナー演奏する方なのか不明だったンですが、
抜粋だけど18分もあるので、この4番から多少想像できる・・・カナと。

アルペンの抜粋もあった。

マレク・ヤノフスキさん指揮 アルプス交響曲 PENTATONEレーベル


こっちは、エラく短いですね。(・ ▼ ・


本題。ブル5のココが良いッ ※数字は上に貼った動画の分数。

出だし。低音ピチカート萌え。

01:36~ 金管萌え。

03:18~ おしりのフルート、タラッ♪萌え。

『萌え』って、もう死語らしーンだけど・・・(・ ▼ ・)便利なので使用。

ブルックナーの日は、女子トイレが空いている・・・
という都市伝説(?)めいたモノがありますが、確かに女で、
ブルックナー好き人間は少ないよーな気がします。が、

ブルックナーは、ケッコー可愛い!!

と私は感じるのです。(・ ▼ ・

ブルヲタ様達のウンチクちくちく気味傾向があり、
その印象からの、「●●版とか●●稿とか言ってて、なんだかメンド臭そう・・・」
という聴かず嫌いや・・・

ちょっと聴いただけでは金管の咆哮が印象強く残ってしまうので、
ヴァイオリンの美しい旋律を聴き逃しがち
だとか、タラッ♪の様な可愛いパーツも、
聴き逃しがち、なのではないのか?と勝手に推測。w

ブルックナー、特に五番はケッコー可愛いパーツがある。
美しい弦も大量にあるッ

と思うので、女性も好きなハズ!!先行イメージからの聴かずギライは勿体ない!!
と、私は聴く度に、そう思っています。(>∀<)ノ

CD屋さんで、女子高生が、『あのショスタコの可愛い曲なんだったっけ~?!』
とか言ってるのを、最近描いていないヘっぽこ4コマのネタにした事がありますが、
ブルックナーはケッコー可愛い!!というのも、はぁとなるカモしれません。

ちなみに、未だ、ショスタコの可愛い曲がどれなのか、
全くもって不明です。(・ ▼ ・

それはさておき、
その後、このブル5の可愛いタラッ♪萌えは、あちこちに出て来る。

ワタクシ作成の『ポチポチ入力へっぽこピアノ音MP3』を貼ります。
無いよりは伝わるだろー(・ ▼ ・)ちゅーコトで。w

キャプ
キャプ

※一応、音量注意♪

ブル5の一部分
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。

丸したトコロのタラッ♪可愛い


05:10~ の第一ヴァイオリン萌え。

07:13~ 弦が弾いてるの好き。

て、書いてくと細かいな。
結局、全部好きになっちゃってるから、
第一楽章は、キライな所が無いです。
て、これじゃ、短くオススメアピール出来ないよ。(・ ▼ ・

あ、でも待って。
10:30~ 弦&フルートの所、超絶好きぃぃぃぃぃぃぃぃ!!
弦、美し過ぎる~
10分のちょっと前のトコからココ(10:30)に突入するのが良いので、
是非、ちょっと前から聴いて欲しいです。

これ。↓

キャプ

ピアノロール画面。↓

ピアノロールきゃぷ


ギザギザになってるのが、美しい弦に乗っかってるのが超良い

※一応、音量注意♪

ブル5の1部分
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。

私が作ったヘタレMP3じゃ、そう感じないだろーから、┏(_□_:)┓
上に貼ったホンモノの動画を是非聴いて


ちと、この間も好きなのですが、同じフレーズが多いので飛ばし・・・
18:25~ 低音ピチカート萌え再び。

第二楽章へ。

第二楽章は、過去にピアノ版をピコピコ入力したコトがあるので、
過去記事。↓
ブル5の2。ピアノMIDI作ってみよう♪その6。完成!!

から少し、伝わらないカモしれない無いよりはマシなヘタレMP3を
コピペしながら書きたいと思います♪


23:22~ 弦の洪水。美し過ぎて、涙ちょちょ切れ~(T ▽ T)

31小節目から、
すっげーイイよね~  コレ ↓

※一応、音量注意。

31小節目から♪ ピアノの音。
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。


25:20~ もくもく感。弦シャカシャカ萌えです。
ココに限らず、弦シャカシャカは大重要項目です。

27:00~ 3連符萌えです。

34:30~ 6連符萌えです。

ピアノ版と違うカモしれんケド、6連符。↓

譜面画面

※一応、音量注意♪

ブル5の2 163から♪
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。


36:58~ 弦の6連符に乗っかる金管萌えです。
特に、37:00あたりからの神々しい感じ最高~♪


第三楽章。

おしりの、ドン・ドン が可愛い コレ ↓

キャプ
※一応、音量注意♪

ブル5の一部分
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。


41:03くらい~の、ターラ・タッタッタが好き コレ ↓

キャプ
※一応、音量注意♪

ブル5の一部分
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。


41:10くらい~の駆け上がってくみたいな弦も好き♪


第四楽章。

長過ぎて読んでもらえそうもないので、すっ飛ばして、
ラストッ!!

文句なしに感動の嵐ッ!!

の、その前に、┐(・ ▼ ・
1:05:14のドンドン!!のあたりからのチマチマ感、凄い好き♪

ニールセンの5番と、プロコさんの4番でも、ラスト手前のチマチマ感の話を
書きましたが、怒涛のラストの前には、チマチマ感とっても重要♪
特に、ブル5はコレが長いから、1:08:19あたりからのワクワク感が異常!!

1:08:34秒に来たら、もうワクワク感最高潮ですよーーーーーーー!!

でも、まだ怒涛のラストに突入しないトコロがまた、カーーーーーッ(>∀<)
って感じなのですよ。一度、終わりそう?てのをスルーするんだよね。

1:11:40あたりから、また終わりそうな雰囲気がジワジワ出て来る。

で、1:12:40あたりから、駆け上ってくんですよ!!
このあたりからのワクワク感は、再び異常!!

なんだケド、また一回、落とすンだよね。(・ ▼ ・
1:14:33から、再びワクワク再始動!!

で、
1:16:08に来た時の、『辿り着いた感』がハンパない

あまりに酷いので作り直してみたケド、大して変化なかったヘタレMP3(・ ▼ ・
辿り着いた感がハンパない!!のは、ココ ↓

きゃぷ

※一応、音量注意♪

ブル5の1部分

こんなに低いのか(・ ▼ ・
てか、伝わるのか?コレ・・・


ココから、大号泣のラストですよ!!。・+゜(つД`)゜+・。
マジ泣きしましたから、スクロヴァ爺様指揮ザールブリュッケン放送響さんのナマ、
1:17:37のホルンさんで。

これ ↓

キャプ

キャプ

ココ ↑ の部分だけ強調してみました。

※一応、音量注意。

ブル5の一部分
↑プレーヤー出てなかったら、コレぽちして聴いてみて~。

教会オルガンにしてみた。↓
※一応、音量注意。

ブル5の一部分

もぅ、ココで感動号泣だからぁぁぁ~。・+゜(つД`)゜+・。

しかし、私が作ったヘタレMP3じゃ、
とてもじゃないケド、そう感じない(・ ▼ ・


大感動するかどーかは、演奏してくれる人次第。
聴きに行った人だけが、当たりを聴ける。
当たるかどーかは、演奏してくれる人次第。

宝くじと、一緒だよね(・ ▼ ・

宝くじと違う点は、
一生懸命、演奏してくれたとしても解釈の相性があるのと、
好みな座席の場所に座れるかも重要だし、
周りに不要な音を立てる変なヤツが居ないコトも重要。

ケッコー、ハードル高いカモ。
だから、100回に1回くらいしか、モぉぉぉぉぉぉ~ノ凄い感動
って出会えないンだよねー。

でも、聴きに行った人だけが、当たりを聴ける。

ので、ちょっとでもブル5良いカモ。
と感じてくれた方、超絶名曲だから、是非、聴きに行ってみてね~∩(・ ▼ ・)



詳細その3へ続く・・・

続き。→ 2014年4月の気になるコンサート~♪詳細その3です。ニル2のココが良い!!を書きます。


 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

There are no comments yet.
珍言亭ムジクス  
♪このゆびパパふとっちょ パパ

ブルックナーは上手いオケじゃないと退屈しやすいですね。
名古屋では5番をプロオケで聴ける機会がありません。
だから名古屋ブルックナー管弦楽団という、アマのブルヲタが集まったオケの演奏を聴きに行ったことがあります。
しかしまあ予想以上に下手で、これはもう拷問のような退屈さを味わいました。
この時はシューベルト5番が先にありましたが、ブルックナーだけにして目いっぱい練習すればいいのにと思いました。
そういう訳で、それ以降このオケには行っていません。

ところで「ショスタコの可愛い曲」というのは9番の第1楽章ではないかと想像します。
軽快なスケルツォの途中で"このゆびパパふとっちょ パパ"のメロディが何度か出てくる、そこが可愛いポイントに該当する気がします。
その他ではバレエ『黄金時代』の「ワルツ」でしょうか・・・アンコールで演奏されることのある、少しヘンチクリンで楽しい曲ですね。

2014/04/12 (Sat) 20:00 | EDIT | REPLY |   
隊長です♪  
珍言亭ムジクス様、コメントどうもです♪

『このゆびパパふとっちょパパ』て、知らないです。(・ ▼ ・;)
そんな童謡があるんですね。

ブルックナーは楽譜で見てるより、やってみると凄く難しいンじゃないのかな?と、
演奏したコトないですケド、そう思います。長い曲だと金管は最後の方、かなり大変みたいですし。

シューベルト5番も、演奏したコトがない人が多いでしょうから、たぶん練習大変だったでしょうね。
そうですね、ブル5は、1曲にした方が良いカモしれないですね。┐(・ ▼ ・;)

隊員もN響さんの5番聴く前は、1曲?とか言ってましたが、
聴き終わった後は、1曲でも十分お腹いっぱい~って感じで、
1曲で良かったカモ。と言ってました。

演奏を集中力たっぷりでやってもらえば、客も聴くコトに集中せざるを得なくなって、
1曲でも十分お腹いっぱい~♪となる様な気がします。

2014/04/14 (Mon) 00:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply