爆音!!クラシック突撃隊♪ブログ。BakuKla +*+

ARTICLE PAGE

一般人はさておき、プロな方達は大人の事情もあるからぁ・・・(- ▼ - ;)という話を書きたいです♪

どーでもいいコト(・・?
  • comment0
  • trackback0
予想以上に、引っ張ってて、笑った。(- ▼ -



イロイロ読んで、ウチみたいな素人一般人ブロガーとか、
CDレビュー欄とか、プロの評論家さんや、プロの音楽家さんが、
悪口言われてて、笑った。(- ▼ -

でも、一般人はさて置いといて、プロな方達は、
そりゃあーた、世の中、大人の事情もあるからぁ・・・(- ▼ -
ストレートに物事を受け止めて、悪口書かれちゃうのは、
可哀想だな・・・(´・ω・`*) と少し思ったので、その辺のコトを、
私の知ってる範囲で書きたいので、その後の展開についての感想も、
含めて書きます


その前に、ココ一週間のアク解。↓

アク解

本体ほむぺ感想。やっぱ、しょぼッ(- ▼ -

このブログのココ一週間のアク解。↓

アク解

うぉぉぉぉぉぉ ランキングに、
急激な変化がありましたよッ!!!(>∀<)ノ

雪かきッ!!

【2013-02-06の過去記事】
雪かき、たまなので、100均で売ってるコレでしてます♪(・∀・)∩

コレ ↓ (※詳細は過去記事で!!)

100均雪かき

また、100均ネタかよッ
皆さ~ん、デフレ脱却、全然してませんよ~(- ▼ -


あ、脱線しましたが、
読書感想ブログの方が、いつもアクセス数が低いンだケド、
コレは、テレビドラマ化されたらしく、急にその日周辺だけハネ上がった数字。↓

アク解

このくらい期待してたンだけど・・・┐(・ ▼ ・


で、
そりゃあーた、世の中、大人の事情もあるからぁ・・・(- ▼ -
についてなんだケドさ、

まさか、新聞や雑誌などの、クラシック音楽コンサートの評論欄とか、
CDの評論欄とか、そのまんま、
鵜呑みにしてる人、いないよね?!(・ ▼ ・;)

そんなストレートなモノの捉え方してたら、いつか詐欺にあっちゃうよ

てか、あったのか、もう。(- ▼ -
っつー感じですがw

クラシックなジャンルにおいては、まだ一般人にそんなコトは起こってないと
思うケド、他のジャンルだと一般人の口コミを利用した宣伝も普通にありますし、
増してや、プロの評論家や新聞欄に、
本心が書いてあるワケないじゃないですか!!(- ▼ -
テレビもだね。

センセイ、褒めてクダサイね(*`・ω・´)
って、無言の圧力を含めて、圧力かかるに決まってるじゃないですかぁぁぁ~

本当に圧力かけてないとしても、そりゃセンセイ達も、
イロイロ立場とか、今後の動向とか考えるのが普通でしょ

だから、ネットの口コミを重視する人が出て来るし、
それを逆手に取って、さらにプロ達が動くっつーのが、
今、起こってるコトだと思うケドね。

スマホ普及で、さらにその感が加速しつつあると思うよ。

昔は、新聞・テレビ・雑誌を押さえておけば、
ある程度、操作できたンでしょーケド、今後はそう行かないですよね。
それは、クラシックに限ったコトではないですケドも。(- ▼ -


クラシック音楽って、「日本では」って指摘されてた記事も、
どっかであった様な気がするケド、『真面目』なジャンルとして捉えられていて、
クラシック音楽やってる人や聴く人達は、ウソなんてつかないマジメで、
ちゃんとした人達だと、大いなる勘違いをしてる感があると思うンだケド、
ドラッグ漬け話とか、スキャンダルな話は、いくらでもあるワケで・・・(- ▼ -

他ジャンルに比べたら、そんなにないんだろーケド、
ウラ事情の暴露本とかもあるワケですよ。

クラシック音楽だと、「国をまたいで」な、お話だったりするし、
さらに、人事が政治的な事柄が絡んでたりして、めっちゃくちゃ面白いンだからぁぁぁ~
なんで皆、クラシック音楽に興味ないんだよ(´・ω・`*) と思いますよ。

そりゃ、そーゆーのあんま、日本のテレビじゃ、
お真面目な話ばっかで、やってないからっつーのもあると思うケド。

今回の一件で、興味持った人は、聴くだけでなくて、
周辺な話も、過去も含めたら、ブラックな話たんまりあるから、
興味持って読んだり、曲聴いたりしてよ~ て感じです。

それはさておきですね、話を戻しますと、
私は、ド素人で関係者じゃないから、そんなウラ事情の暴露本を読んだり、
とか、評論家さんや音楽家さんのぶっちゃけトークを、たまに読んだり、
ラジオやポッドキャストなどで聞くくらいですンで、
本当のウラ世界は、もっと壮絶な話とかありそうですが、
とりあえず、褒めてたプロの方達が、ココロの底から褒めてたかどーかは微妙。

だと思います。

クラシック音楽業界が盛り上がれば、自然と自分の仕事も増えるカモ
な訳で、若干難があっても応援するっつーのもあると思いますよ。

っつーワケで、
本心が書いてあるワケないじゃないですか~!!

今まで、新聞や雑誌の評論欄を鵜呑みにしていた方、
もし、いらっしゃったら、お気をつけあそばせ

が、まず私の言いたい件です。┐(- ▼ -

この評論家さんの本心は、何だろう?!ドコだろう?と考えながら、
読むのが正しい読み方だと思います。かなりな読解力が必要です。
ハイレベルですw

ウソをウソだと見抜けるヒトでないと利用は難しい・・・w
と言われている某・巨大掲示板より難しいと思われます(- ▼ -

なので、皆あっさり釣られます。


あと、気になった件としては、
やっと、某・テレビ観てたら、「マーラー」って言葉が出て来たンだけど、
その時、曲を聴いただけで怪しいと思ったみたいな発言があって、
それは無いだろ・・・(・ ▼ ・)て、なった。

いや、『曲を聴いただけで』は、盛り過ぎだろ(- ▼ -
周りで起こってたコトを含めてという話なら、納得するケド。

人格や周りで起こった事が、音楽に反映されてる曲もあるケド、
それが評価うんぬんに完全直結するとなると、ワーグナーとか駄曲認定になっちゃうよーな。
あの人、人格的にはちょっと・・・。それ言ったら、ベートーヴェン様も性格に難ありだし。

マネゴトうんぬんな話が、ケッコー出ている様な気がしますが、
それは、今回の件だけでなくて、詐欺話抜きで、『似てる』は、
日常茶飯事ですよね

『似てる』がダメ となると、
販売停止になるCD、山ほどあるぜ。

ピンと来ない方は、有名でない作曲家の曲の感想を、
ネット上ので良いから、いくつか読んでみなよ。

マーラーっぽい、ブラームスっぽい、モーツァルトっぽい、
その他モロモロ、いくらでも出て来ると思います。

それは、既に皆が知ってる作曲家名を出すコトで、
なんとなく雰囲気が掴めるワケで、時代や国によって、
皆、好みが分かれる傾向があるから、
文章にした時に伝わりやすいから、そうなるんだと思う。

大体、同世代の作曲家さん達は、影響されたり、
クラシック音楽も流行みたいなのも、時代時代であるから、
「なんか似てる」のは、いっぱいあるし。(- ▼ -


私が最近聴いて感じた話で書くと・・・過去記事よりコピペ♪

ナクソスさんの帯。↓

CDの帯

「マーラーを聴いて、ドビュッシーは途中で席を立ったが、
強く影響されたカゼッラは、この交響曲を書いた」



hr響(フランクフルト放送響)さんの公式チャンネルに、
ノセダさん指揮のカゼッラ2番、まさかの全曲upがあるので貼りッ(>∀<)ノ





これ聴いた時も、マーラーっぽい。R.シュトラウスっぽい。
と思ったんですよ。

悪い話の例えに出して、大変申し訳ないですが、(× ■ ×)
でも、カゼッラさんは、他の曲をちらっとだけ聴いて、
カゼッラ臭がする・・・と感じたので、
引用が多過ぎと指摘されている今回の曲とは、
違うと思いますケドも、『●●●●っぽい』は、日常茶飯事だと思います。

でも、『●●●●っぽい』て言われている限りでは、
音楽史に名前を残すコトはできないのは、確かです。

強烈な個性が必要、どこを切ってもブルックナー、金太郎飴みたい。
と言われる様な、曲全般に『●●●●臭が・・・』て言われる様にならないと。

でも、今、偉大な作曲家認定されている作曲家さん達も、
初期の作品は、先の作曲家さん臭がしたりするコトがあるのは、
説明しないンですね・・・と思った。

そこが、凄くハードル高いンだと思うんだよね。

で、先人がやってた事をやったら、もうそれだけで認めません
て流れになってて、どんどんどんどん、ワケわからん方向に行っちゃってて、
完全ユーザー置いてけぼり状態になってて、聴く側は、

そんなん求めてないんだよッ!!(゚Д゚)

っつー状態で、ソ連で「コ難しい曲書いたら、ぶっ殺すぞ・・・」て、
脅されて書いた交響曲の方が、西側でワケわからん曲書いてた作曲家さんのより、
普通に人気が出ちゃってて、今回のもだけど、皆、ワケわからん無調音楽より、
マーラーっぽいのとか、ベートーヴェンとか、ドヴォルザークとか、チャイコフスキーとか、
ブラームスとか、そーゆー今、人気がある作曲家さんみたいな雰囲気の、
でも、違う交響曲が聴きたいンだよ。

っつーコトだと思いますよ。(・ ▼ ・

でも、そーゆー似て非なる曲、実は、
世界中にいっぱい埋もれてるンだケド。

と思うワケなのですが、
作曲界が、完全ユーザー置いてけぼり状態になってる様な気がするのは、
今の作曲コンクールに出て来る曲達を、たまに聴くと、そう思います。

「たまに」てのは、どーせワケわからん曲なんだろ
てのが前提としてあるので、たまにしか聴かない。

「世界初演」とか、「日本初演」とかも、そう。(- ▼ -

そんなだから、別にワケわからん曲じゃない作曲家さんの曲までもが、
被害を受けている様な気がする。

知らない作曲家名を見てしまうと、別にワケわからん曲じゃないのに、
どーせ、ピーひゃ~ゴロゴロ、とんとんとん・・・ピー!!
みたいな、ワケわからん曲なんだろ?!つって、スルーされたりしてると思う。

だって、
ニールセンは、ゲロゲロ現代音楽ではありませんよ!!
とか書いてるニールセン大好きな方のサイト、見たコトあるし。(- ▼ -

『ゲロゲロ』がポイントですよ。どんな曲か浮かばない方も「ゲロゲロ」から、
想像してみてクダサイ。ゲロゲロ現代音楽・・・(- ▼ -とてもナイスな表現ですね♪
なんだか、そーゆー方が偉いみたいな変なコトになってんですよ。w

今回の件は、そーゆー事も確認できたと思います。

100年先の聴衆に向けて、作曲しなくちゃ
て、作曲してる人も、もしかしたら居るカモしれん。

事実、マニアックではない一般的クラシック音楽ファンにウケる様になるには、
100年かかる説、とかあって、確かにそれっぽい雰囲気はあったりするケド、
今、ソ連作曲家さんな件を考えると、なんかそれ当たってなくね
と、プロコさんやショスタコさんの曲が好きな私的には、そう思います。

没後100年、全然経ってないんだよね。(- ▼ -
作曲後100年は、曲によっては、もうありそうですが・・・


あと、他に気になる点が、まだあるンだけど、
CD化した方がイイ!! とか自分も書いてましたが、
しばらくチェックしてなくて、気が付いたら、18万枚てなってて、
誰が買ってるンだよ?!(- ▼ -)と。

コレは指摘されてて、その通りですね、と思うンですが、
1万枚で大ヒットとか良く言われてますケド、この1万枚でさえも、
ミーハーちゃんが買っててでしょと思うよ。

関係者じゃないので、実際の売り上げとか知りませんが、
まだCDがそこそこ売れてた十数年前に読んで、衝撃的で記憶に残ってる話が、
たぶん正統なクラシック音楽ファンしか買わないだろーなっつーブルックナーのCDで、
某・有名オケで、当時、ブルックナー振りとして名高かった人のCDが出て、
皆買ってるンだろな・・・と思ってたモノが、サントリーホール1杯分しか売れてない。
とか書いてあって、は2千枚くらいってコト
と思ったんだもの。┏(_□_:)┓

だってさー、クラシック音楽ブログのランキング見てね、
こんなにテレビで取り上げられてるのに、この件について書いてる人、
予想はしてたケド、こんなに少ないのか・・・(- ▼ -
と思った。皆、そもそも聴いちゃいないから書けやしないよね。と。

普段クラシック音楽が好きでない人達が、この状態見たら、
どーゆーコトなのて、なると思う。

基本、正統なクラシック音楽ファンて、自分日本人なのに、
日本人をかなり下に見てる人、多いからね(- ▼ -
それは作曲家だけでなく、演奏家やオーケストラに対してもだし、
本場が向こうだから、仕方ないよね。でも、ちゃんと凄い人も居ると思うケド。

特に、古典やロマン派あたりが大好きな方達は、今、作曲された曲って聞くと、
それだけで、どーせゲロゲロ現代音楽だろ?!と思うしね。

本当にそうなのか知らないケド、
同曲異演を聴く人が圧倒的に多い。
と指摘されてる評論家さんの分析を読んだコトがある。

つまり、演奏家の違いに面白さを感じていて、
新しい曲には、あまり関心がない。
録音の種類が少ない曲は、聴き比べがそもそも出来ないのよね。(- ▼ -

本当にマニアックな曲になっちゃうと、唯一の録音とかあるし。

CDがいーーーーーーっぱい数、出てる、ベートーヴェンの交響曲全集とかが、
結局、めっちゃ売れるっつー。そして、ドイツのオケに新しく指揮者就任したら、
ほぼ、出してくれるし。みたいな?!

ブルックナーとか、マーラーもそんな感じ。
だから、コンサートも、振るのが誰だろーと、
そこそこ、人が聴きに来てくれるんだと思う。

ショスタコはんは、ケッコー食い込んでるカモしれないケド、
プロコさんは、交響曲は5番だけが突出してCD出てるので、
私の大好きな2.3.4.6番は、あまり実演に選曲されない。(。´Д⊂)


あ、なんだか、また脱線&愚痴みたいになってきたので、
毎度ですが、纏まらない長文駄文のまま、終わります。┐(・ ▼ ・


また、何かツッコミたくなったら勝手にウダウダ書く。



 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply