隊長&隊員

隊長&隊員

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ  人気ブログランキングへ

雪だるま

ぶらあぼ1月号の海外公演情報を見ていたら・・・

ケルンWDR響で、2010年3月に
サラステ指揮で、ニールセン4番「不滅」&シューマン1番「春」

てのがあるなー、良さげスなー  と思いながら見つつ、
この海外公演情報、ヨロパの主要都市まんべんなく載っけてくれてる
のですが、北欧系はシカトされてますなぁ・・・(=ω =;)

3月の北欧とか、寒くて旅行するヤツ居ないダロ?て事??!
お金とヒマさえ得られ、ヨロパ旅行出来るなら、
北欧から真っ先に、オケのスケジュール調べよう
と思ってる私的には、なぜ載せない?て感じです。

と気になり、ウェブ巡回してみたら、
ヘルシンキ・フィルのラインナップが、
コレで客来るンかい成り立つンかい ( ̄_ ̄)
と思ったので、メインの曲だけ、ちと書いてみたいです。

エネスコの2番、とか、
サリネンの6番、とか、
オネゲルの3番、とか、
シルヴェストロフの5番、とか、
ウォルトンの1番、とか、

交響曲でないトコロで、
ウォルトンのヒンデミットの主題による変奏曲、とか、
シェーンベルクのペレアスとメリザンド、とか。

あと、少し前に見た時は、交響曲第227番だったのに、
変更?したのか、交響曲第231番になってる ( ̄∇ ̄)
セイゲルスタム氏の自作自演コンサートとか・・・

私、ヘルシンキ・フィル&セイゲルスタムの東京公演で、
めちゃくちゃ感動した想い出があるのと、読響さんとの
コンビで聴いても、イイ印象がたくさんあるので、
セイゲルスタムさん、好きなんだケド・・・

この自作の交響曲の多作さについては、227番が231番に変更になったから
と言って、うぉぉ♪ とは思えない・・・(=ω =;)ぅーん
てか、聴いたコトないセイゲルスタム氏の交響曲・・・

※ちなみに、来月、読響さんで第198番、聴ける。

もちろん、他にブル9とか、ブラ3とか、マラ7な日も、
あるんだケド、なんか全体を通して凄い選曲だなと思った。

※またまた、ちなみに情報。
セイゲルスタム指揮のマラ7も来月、読響さんで聴ける。


が、
知らない曲および、知ってても個人的には別に萌えない曲
だらけなので、もし近くでやってたとしても行かない。
ケド、なんか凄いなーと思いました。

こーゆーの見ると、ヘルシンキの人は、凄くクラシックをたくさん
聴く人が居るのかなァと思いがちだケド、意外と違うんじゃねーか
と思うのは、北欧は行ったコトがないンだけど、
ドイツやオーストリアやオランダ・ベルギー・ロンドンにコンサート
聴きに行ってみて、別に周りにクラシックの話をガンガンしてる人
たまに居るケド、そんなに居ないよーな気がしたんだよね。

言葉わからないケド、作曲家名ってのは、ほぼ同じ発音なので、
わかるし、聴いてる姿勢で、この人スゴい好きな人だってのって
雰囲気で、わかるンだよね。

なんとなくでなくて、確実にコイツは・・・( ̄∇ ̄)
と感じたのは、ケルンの歌劇場で、ちょっと横の出っ張った感じの
エリアの席に座った時、一人で聴きに来ていて、別に前のめりに
ならなくても、ちゃんと観える形の座席配置だったにも関わらず、
終始、めっちゃ前のめりで、食い入るよーに観てた、30代後半くらいの人。

と、

ロンドンのプロムスで、ニールセンの交響曲第5番を聴いた時、
1階の広大な立ち見エリアで、ニールセンのスコアをニヤニヤ見ながら、
開演を待ってた、これまた30代後半くらいの人。

と、確実に、この人は大好きなんだろーな ( ̄∇ ̄)
と思ったのは、これくらい。

逆に、ベルリンで遅刻してきたのに、演奏中カツカツ音立てながら、
堂々と入ってくるヤツとか居て、入れる方も入れる方だけど、
こんなん見ると、オマエは確実に聴きたくて聴きたくて来たヤツじゃねーな
て思うし。そんな事なくても2人で来てる人は、軽い感じな人が多いよーな気がした。

チューリッヒの時は、うしろのヤツがガム噛みながら聴いててイライラした!!
て隊員が憤慨してた事もあるし。

プロムスのボックス席では、食べ物飲み物持込で、
食器のカチャカチャする音がウルサイんだよッ
て時もあったし。

こういう人達って、絶対、真剣に曲を聴いてない。
と思う。つまり聴いてないので、何の曲をやってるのかも、
どーでもイイのだと思うよー。(=ω =;)

演奏中、寝る人が居ないので、皆真剣に聴いてるよーに感じるカモしれんケド、
寝ないのは、向こうの人は、電車で寝る日本人が信じられない、
と良く言ってるみたいなので、公衆の場で寝ないだけ。
という気がする。( ̄∇ ̄)

だから、
ヘルシンキが、すば抜けてマニアが、たくさん居るよーには思えない。
人口が多いトコロだと、マニア受けする曲をやっても、ある程度客が来る
ってのは解るんだけど、ヘルシンキ市の人口は、wikiによると約565,000人
らしーので、東京都の人口→約12,994,000人 を見ると、え?
て感じでしょー( ̄ー ̄;)

て、書いたケド、比べる対象が変だよね・・・
どう比べたらいいんだろー?
ヘルシンキ周辺の衛星都市込みで約1,000,000人?
東京23区内だけで、約8,000,000人?
実際、東京だと神奈川・埼玉・千葉からも東京のホールに
聴きに来ているのはフツーで、もっともっと多いから、
まー、とにかく人口は東京より全然少ないのにっ
て言いたいだけなんだケド・・・

で、
まー細かいコトは置いといて・・・( ̄∇ ̄)
私が勝手に想像するに、別にやってる曲はなんでもイイ。
お友達または彼氏や家族と、クラシックのコンサートを聴いて、お食事して、
だべって楽しかったね♪ てのがやりたいって人の層が厚いンじゃないのカナぁ( ̄ー ̄;)?
と思うんだけど。

だから、ヘルシンキ・フィルが、この曲で、どのくらい集客してるのか、
どんな宣伝して成り立ってるのか、気になります。

チケット代は、おそろしく安いよね。
20ユーロ、13ユーロ、6ユーロ。
本日のレートで、約。
2,600円、1,700円、800円。

値段が安いってのは、強いよねー。
ラ・なんとかがウケてるのも、それ大きいでしょ?!

やっぱ、少し税金補助して欲しいな・・・(・´ω`・;)
でも、まずギャラの高過ぎる指揮者が謙虚になり、下げてからだなッ



人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

There are no comments yet.
珍言亭ムジクス  
チェレプニンの1番をやってほしい

オネゲルの3番は名フィル定期で聴いたことがあり、なかなかいい演奏でした。(今年の5月定期で4番をやります)
ウォルトンの1番はFMで聴いて熟睡できたことがあります(^^;
エネスコは交響曲を作曲していたことを知りませんでした。
サリネンとシルヴェストロフに至っては名前すら知りません。

こういう知らないものが入っていても、組合される曲によってはそれなりの集客できるのではないかと思います。
それにチケットの安さは集客に大きな影響があるでしょう。
安いから気楽に聴けて、退屈な曲は集中しないでも損した気分にはならないでしょうから。

日本でも大阪センチュリーがトンデモ路線で頑張っていますので、名フィルも再びツァラトゥストラ・シリーズのような路線に戻ってほしいです・・・退屈することがあってもいいから、名曲が並ぶ定期プログラムにはならないでほしいです。

2010/01/19 (Tue) 19:34 | EDIT | REPLY |   
隊長です♪  
珍言亭ムジクス様、どうもです♪

チェレプニンの1番て知らないです、へー、イイ曲なんですね♪
今度安い値段で出会ったら買いたいと思います。

私もウォルトンて、どこがいいのかさっぱりなんですけど・・・( ̄∇ ̄)
なんか、交響曲でないのも何枚も聴いてるンだけど、
どーもピンと来ません。。。
でも、時々やってるの見かけますよね、ウォルトンて。

私・・・オネゲルもエネスコも時々聴いているよーな気がするンですが、
どーも、ピンと来ません・・・
我が家のiTunesにも入ってるンですが、
たぶん、好きな曲が入ってたCDに一緒に入ってて
入れたンだと思います。でも全然、聴いてないです。

サリネンは4&5番のCDが家にあるのですが・・・
どんな曲か思い出せません。一回は聴いてるハズなのに。。。
てか、たぶん一回聴いてお蔵入り?!

とにかく知らない曲をかたっぱしから聴いてく系のマニアしか聴かないダロっ・・・
感じがする曲もあるよーな気がするンですけど・・・

でも、そういう人が聴いてるからって、その人が、じゃあ、
それ遠出してまで、聴きに行くかってゆーと・・・
かたっぱしから録音を聴いておきたいってだけで、
そこまで情熱持ってその曲を聴いてるか?となると、
また少し違うよーな気がするんですよねぇ・・・

ホントは名曲なのに、埋もれている曲と、
ホントにイマイチだから、埋もれている曲と、
2種類あると思います。( ̄∇ ̄)

2010/01/20 (Wed) 12:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply